足利銀行横領事件の真相や結末!犯人大竹章子の現在は?【奇跡体験アンビリバボー】

犯人大竹章子のその後と現在は?

出典 http://shisly.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-3a2a.html

 

逮捕時には阿部のことを「死刑にしてほしい」「彼は女の生き血を吸って生きている悪い男」と罵倒していた大竹章子。

懲役3年6ヶ月の刑期を終えたその後の人生はどうなったのでしょうか?

 

刑期終了後の人生を綴る資料は見つかりませんでしたが、横領事件を起こし時の人となってしまったので再就職は難しかったでしょう…。

 

存命ならば今年で66歳。

日本の三大横領事件とされた足利横領事件の犯人として、今の時代をどう生きているのか。

語り継がれる事件をどのような気持ちで見つめているのか。

それは本人にしかわからないし、他の人には介入する余地はないかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「足利銀行横領事件の真相や結末!犯人大竹章子の現在は?【奇跡体験アンビリバボー】」と題して、1970年代に発生した足利銀行横領事件についてまとめてみました。

 

最近では、警備会社から3億円を盗んだ横領事件が「現代版3億円事件」と話題になりましたね。

銀行の場合は、内部の行員による不祥事が起こると金融庁から厳重注意を受け、再発防止のために防犯システムが構築されていきます。

横領事件が繰り返された歴史を背景にして、再発防止の仕組みが構築されてもなお先日起きたように横領事件が繰り返されしまうんですよね…。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です