実写版ラオウ石橋貴俊がデカい!身長やバスケットボール選手の実績(成績)や現在は?【有吉反省会】

11月2日深夜放送の「有吉反省会」で登場する元バスケットボール選手の石橋貴俊(いしばしたかとし)さんが出演されます。

 

石橋貴俊さんは実写版ラオウ!?ということでデカすぎて写真のサイズ感がおかしいことを反省しに番組出演します(どんな反省内容だよ…)

 

ラオウというのは漫画「北斗の拳」で登場するキャラクターで、世紀末覇者拳王を名乗り核戦争で荒廃した世界を恐怖と暴力で制圧した暴君です。

そして漫画の中の身長設定は210cm!!

 

そんなデカい日本人なんていないだろ…と思ったら、有吉反省会にやってきました。

身長が大きいだけで不便なことも多そうですね…(^^;)

 

元バスケットボール選手ということで、選手時代の実績(成績)についても調べてみましたので是非ご覧ください。

それではいってみましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

石橋貴俊のプロフィール!身長はやっぱり…

出典 https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6109

 

名前   石橋貴俊(いしばしたかとし)

生年月日 1968年9月26日

出身地  北海道

 

選手時代のポジションはセンターで、今は東京八王子ビートレインズのヘッドコーチ兼アシスタントGMをされています。

そして吉本興業のタレントとしても所属しているみたいですよ。

 

バスケットボールをはじめるきっかけは北海学園大学一年生の時にあまりにも勧誘が激しかったためにはじめたそうです…(^^;)

やっぱり身長が大きいってだけでバスケ部のスカウトの目に止まってしまう運命なんですね。

 

気になる身長ですがリアルラオウと呼ばれるだけあってやっぱり210cmでした。

出典 https://www.benricho.org/kazu/te.html

 

電話ボックスの高さがだいたい205cmと言われていますから、それよりも高いってことですよね。

電話ボックスで電話する時なんかすごくかがむんでしょうね。

今は携帯電話が普及してますが、当時は絶対に苦労したに違いない。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

石橋貴俊さんのバスケットボール選手時代の成績(実績)は?

これだけの恵まれた体格をお持ちの石橋貴俊さん。

気になるバスケットボール時代の成績(実績)はどうだったのでしょうか?

 

北海学園大学卒業後の1992年から1998年までは日鉱共石(1993年からジャパンエナジー)に所属。

チームは1992年に日本リーグの男子1部で3位になり、石橋さん個人では新人賞を獲得!

またアトランタオリンピック予選の男子A代表に選出されるなど、日本代表として活躍しました。

(残念ながらアトランタオリンピック予選大会で敗退)

 

その後、ジャパンエナジーは1994年にリーグ2位になるなど躍進したが翌年から低迷。

1999年からは大日本印刷へ移籍するも2000年に廃部したため、シーズン途中にクラブチームである富山クラウジーズに移籍。

 

日本リーグ時代は新人賞こそ獲得するも、MVPやベスト5。得点王、リバウンド王、フリースロー賞などの個人タイトルとは縁がなかったみたいです。

 

富山クラウジーズ時代は外国人選手にレギュラー機会を奪われ、出場機会は減少しますが日本屈指のビッグマンとして人気を博していました。

 

2007年に引退し、指導者の道へ歩むことになり現在に至ります。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでした?

今回は

「実写版ラオウ石橋貴俊がデカい!身長やバスケットボール選手の実績(成績)や現在は?【有吉反省会】」

と題し、元プロバスケットボール選手の石橋貴俊さんについて調べてみました。

 

有吉反省会の禊が気になりますね!

電話ボックスで長電話とか。

…放送を楽しみに待ちましょう!!

 

それでは最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です