歌舞伎町の松尾芭蕉!俳人北大路翼の本名や勤務先は?砂の城の場所は?

引用 北大路翼のtwitterより

8月31日に放送する「激レアさんを連れてきた」に出演される、歌舞伎町の松尾芭蕉こと北大路翼さんをご存知でしょうか?

 

冒頭で読まれたひとつの句

「ウォシュレットの設定替えたやつ殺す」

という「アウトロー俳句」という今までにないジャンルを築き上げ、昼は会社員という傍ら夜は歌舞伎町の路地裏でひっそりと営業している「砂の城」で句会を開いています。

(アウトロー俳句とは季語を使わない自由規律型俳句です)

 

そんな北大路氏についてちょっと気になる情報を調べてみました。

また「砂の城」はどこにあるのか?営業時間などについて明らかにしていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

北大路翼のプロフィールや経歴は?

名前   北大路翼(きたおおじ つばさ)

生年月日 1978年5月14日

出身地  神奈川県横浜市

大学   青山学院大学

職業   会社員

 

北大路氏の俳句のルーツは小学5年生の時に見た種田山頭火にあります。

そこから俳句の世界にのめり込み、俳句を生業としている今があるのですね。

 

大学卒業後は風俗情報誌の編集に携わっていましたが、自分がやりたい仕事ではないと退職しフリーターになった後は、雑誌の創刊、大人向け漫画の原作を考えたり、俳句雑誌の編集、短歌雑誌の編集など様々な職を転々として経験を積んでいきます。

 

その間、井之頭公園での一年間ホームレスになるなどの人生経験が独特な世界観を形成し、「アウトロー俳句」というジャンルが誕生しました!

 

スポンサードリンク

本名や勤務先はどこ?

北大路氏の本名は残念ながら非公開で、どこを調べても明らかになりませんでした。

そして会社員という情報はあるものの勤務先までは調べることができませんでした。

 

本名が公表できないことや、勤務先が明らかにされていないことからアウトロー俳句を昼の仕事関係者にバレるのを避けているのでしょうか?

ただ、ここまで俳句で有名になってしまうと職場の人たちはもう知っているかもしれませんね。

きっと、本名が明らかになることで仕事に支障が出ないよう周りの人たちに配慮しているのではないでしょうか?

 

砂の城はどこにあるの?営業時間は?

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-3-10 3F

営業時間:20:00〜

 

この「屍会」のメンバーはニートやキャバ嬢などアウトローな面々ばかり、、、

この会に入会するには少し勇気がいるかもしれませんね(^^;)

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は歌舞伎町の松尾芭蕉こと北大路翼さんについて気になるアウトローな情報を調べてみました。

 

北大路氏はいくつか書籍を出されていますので、興味がある方は是非お手にとってみてはいかがでしょう?

 

『天使の涎』(邑書林、第一句集、2015年5月)

『時の瘡蓋』(ふらんす堂、第二句集、2017年4月)

『アウトロー俳句 新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」』

『生き抜くための俳句塾』(左右社、2019年3月)

 

8月31日放送の「激レアさんを連れてきた」では、北大路氏のアウトローな生い立ちや経歴がさらに明らかになるかもしれませんね。

北大路氏の今後のアウトローな活動に注目していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です