御嶽海の母はフィリピン人!秋場所優勝力士を育てたマルガリータさんの教育方法とは?

今年の秋場所優勝決定戦で大関陥落後の関脇から大関復帰を決め、勢いがある貴景勝を破り優勝した御嶽海

 

今場所は横綱が早々に休場し、大関が不振となっていた中で次世代の力士の活躍が目立った場所となった印象を受けました。

次世代の力士で今勢いがある御嶽海って実はお母さんがフィリピン人のハーフだったということは知らない人もいるのではないでしょうか?

 

そんな御嶽海のフィリピン人お母さんのマルガリータさんは地元長野県では有名人。

どのような子育てや教育方法で御嶽海を幕内優勝力士まで育てたのか調査してみました。

フィリピン人ということできっと教育については苦難があったのだろうと思います。

それではいってみましょう!

 

スポンサードリンク

 

御嶽海のプロフィールは?

出典 http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/3620/

 

四股名   御嶽海 久司(みたけうみひさし)

本名    大道 久司(おおみちひさし)

生年月日  1992年12月25日

出身地   長野県木曽郡上松町

身長    178㎝

体重    160kg

所属    出羽海部屋

 

小学1年で地元の相撲クラブに入りめきめきと実力を磨いてきた御嶽海は、中学、高校と相撲を続け東洋大学の時に学生横綱、アマチュア横綱を勝ち取りました。

当初は大相撲へ入る意思がなかった御嶽海ですが、出羽海部屋の親方の熱心なラブコールにより角界入りし初土俵から主要4場所で初入幕するなど順調に大相撲力士としてのキャリアを築いていきます。

 

母親はフィリピン人のマルガリータさん!

出典 https://hochi.news/articles/20190115-OHT1T50357.html

 

御嶽海の母マルガリータさんは20歳で名古屋で働いている時に22歳年上の大道春夫さんと結婚。

今は地元長野県木曽郡上松町でスナックのママさんをしており、地元では美人と有名だそうです。

 

御嶽海の父である春夫さんは建設会社を経営しているとても厳しい方で、小学校の時に御嶽海に四股400回を課すほどの厳しい方だったそうで、母のマルガリータさんは一人息子である御嶽海への愛情をたっぷり注ぎ練習の支えとなっていたようです。

スポンサードリンク

幕内優勝力士を育てた教育方法とは?

マルガリータさんは息子の御嶽海のことを本名の久司から「ひーくん」と呼んでいるそうです。

自分が「ひーくんの一番のファン」と公言しているというマルガリータさんの息子御嶽海に対する愛情の深さを表していますね。

 

そんなマルガリータさんの出身地は「バナナ」が有名ですよね。

そんなバナナを御嶽海が中学生の時から「疲れた時はバナナを食べなさい」と教えているそうです。

それから御嶽海はバナナを一日1本以上は食べるようになり実力がメキメキついたのだとか。

相撲文化がないフィリピンでもバナナでの栄養補給はスポーツの中では共通ですからね。

 

バナナにはエネルギーを素早く変換してくれるビタミンB1や安眠効果をもたらすトリプトファン。また筋肉の痙攣防止に効果的で汗で失われてしまう成分であるカリウムも豊富に含まれておりアスリートにとって万能な食べ物なんですよね。

 

今でも場所中はバナナをかかせない御嶽海。

今場所での優勝もバナナパワーのおかげかもしれませんね!

スポンサードリンク

まとめ

大相撲秋場所で貴景勝との優勝決定戦を制し、幕内優勝を果たした御嶽海。

その強さの秘密は母マルガリータさんのたっぷりな愛情とバナナを食べなさいというアドバイスでした。

 

これから大関、横綱へと昇進していくかもしれない御嶽海の今後の活躍に期待したいですね。

来場所も楽しみにしましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です