台風19号2019年信濃川の水位情報!氾濫や被害状況動画や画像まとめ。

2019年10月12日から13日未明。

過去最大級の台風19号が日本列島を直撃。全国で死者60人以上の被害となっている(10月15日時点)

10月13日には長野県の千曲川(ちくまがわ)の堤防が決壊したことが大きなニュースとなった。

千曲川は下流に行くと信濃川に名前を変えます。そんな信濃川の状況についてリサーチします。

 

この台風19号の影響により、新潟県は信濃川の氾濫を発表。

・長岡観測所、大河津観測所、小千谷観測所で氾濫危険水位を超える。

・支流の太田川→長岡市宮内観測所で氾濫危険水位を超える。

・支流の黒川→長岡市広野観測所で氾濫危険水位を超える。(10月13日15時の状況)

 

台風19号による信濃川の状況をまとめてみました。

今後、同じような勢力の台風が来る時にも参考になればと思います。

 

スポンサードリンク

 

2019年台風19号信濃川の水位は?

信濃川の水位状況はこちら

 

小千谷市では少なくとも3ヵ所で田んぼへの浸水が確認されています。

また支流の浄土川の水が溢れ大宮町・今井町1~3丁目に浸水が確認されています。

 

午後3時更新の浸水想定地区

・長岡市・小千谷市・十日町市・新潟市北区・新潟市東区・新潟市中央区・新潟市江南区・新潟市秋葉区・新潟市南区・新潟市西区・新潟市西蒲区・見附市・燕市・弥彦村・三条市

 

 

信濃川の氾濫状況動画まとめ

 

スポンサードリンク

信濃川の氾濫画像&被害状況

 

【追記】10月13日午後10:00時点の水位状況

午後9時の時点では大河津だけが氾濫危険水位になっています。

 

午後10時追記

長岡市萩野の状況です。

大河津分水では避難判断水位になりました。

 

引き続き注意しましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

台風19号の影響により、信濃川周辺では浸水被害などが出ています。

朝のニュースで千曲川の堤防決壊が報道されましたが、千曲川が流れ合流する信濃川についても各地の氾濫状況が報告されています。

 

台風一過で天気は回復しましたが、いまだ予断を許さない状況なので河川に近づかないよう警戒してください。

土砂災害などの二次災害にも十分に警戒が必要です。

今後、同じような災害が発生した際の参考になればと思います。

 

新たな被害状況がわかり次第追記します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です