田野屋塩二郎が娘のように育てたキロ100万円の塩が気になる!店の場所はどこ?

9月29日(日)18:30から放送の「ナニコレ珍百景」では高知県で一番小さい町、田野町で「塩は子育て」という強いこだわりを持ち塩の声を聞きながら365日塩作りに生活をかけ、今や通販サイトで5000人待ちという超人気で入手困難な究極の塩を生産している田野屋塩二郎が紹介されます。

 

入手困難とされる究極の塩作りをされているというこちらの「田野屋塩次郎」は屋号で、この究極の塩を娘のように育てているのが佐藤京二郎さんという方。

田野屋塩次郎の塩は従来の機械でろ過した海水を窯で炊き上げる製法とは違い、木箱に入れた海水をビニールハウスに入れ、毎日撹拌しながら潮風と太陽で自然と蒸発させる完全天日塩とう製法で作られる。

 

そうすることで時間はかかるが、加熱処理した際に失われるミネラルをそのまま塩に残すことができるため深い味わいになるのだとか。

 

ただし、完全天日塩はどこでも作っている製法の一つ。

佐藤京二郎さんの塩作りが「子育て」と言われる所以についてと、この究極の塩を入手する方法をリサーチしてみましたのでどうぞご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

田野屋塩二郎の完全天日塩はさらに手間をかけて作られている!

出展 https://mamamaru.net/tanoyasiojiro/

 

完全天日塩の作り方にも違いがあるのはご存じでしょうか?

多くの製法は、海水をポンプで組み上げて内部にネットを張り巡らせた数mのタワーに放水し、ネットを伝って下に落としている間に潮風と太陽光に晒して「かん水」を作り、そこから塩を取り出す方法を採用している。

この場合は出来上がるまで1~2か月ほど。

 

しかし、佐藤京二郎さんが作る塩はタワーを使わず、海水そのままから塩を作る製法。

暑いビニールハウスの中で木箱に入った海水を1時間から1時間半の間、かき混ぜながら様子をみる作業は木箱100個以上。

子育てよりも過酷な状況でまさに「手塩にかけて」塩を育てる。

出来上がるまでには少なくとも3か月はかかるのだ…!

 

さらに佐藤京二郎さんは塩の甘みや結晶の大きさをコントロールできるとのこと。

有名レストランなどの飲食店からのオーダーメイドが9割を超えるが、塩を入手するためには実際に会って話をして、なおかつ塩を渡すにふさわしいかどうか佐藤さんに認められないと手に入らないという。

 

そして、塩の甘みは100段階、結晶の大きさは3mm、0.3mm、0.2mmの3種類となっており塩のレパートリーは味の組み合わせなども含めるとなんと2000種類ほど!

 

ちなみにその中で一番高価なものは1年かけてトリュフを海水に浸けて作り出した塩でそのお値段はなんと1キロ100万円!!

素人には想像ができないほど、塩の世界は奥深い…。

 

スポンサードリンク

田野屋塩二郎の塩はどこで買える?お値段は?

1キロ100万円の塩はさすがに手に入れるのは無理だとしても、普通に家庭用で買えるところはちゃんとありますのでご安心ください。

 

今、ネット通販では注文が殺到しており入手が非常に困難ですが、高知県田野市にある道の駅「田野駅屋」で直売されています。

出展 https://www.jalan.net/kankou/spt_39303aa1032019329/

 

場所  〒781-6410 高知県安芸郡田野町1431−1

営業時間   7:30~17:30

休業日    12月31日12:00~1月3日

 

土佐田野海岸 太陽結晶塩 塩二郎限定大粒

200g 860円

土佐田野海岸 太陽結晶塩 塩二郎

200g 640円

 

1キロ100万円の話を聞いた後だと安く感じますね。

 

スポンサードリンク

 

田野屋塩二郎シューラスクも人気!

出展 https://www.kochinews.co.jp/article/142883/

 

2018年にフジテレビなどが主催した「おみやげグランプリ」でグランプリを獲得したのがこちらの田野屋塩二郎プチシューラスク

 

今は、高知龍馬空港羽田空港でもお買い求めいただけます。

 

ネットでも大評判です!

羽田空港に行ったときは探してみましょう!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

今回はナニコレ珍百景で取り上げられた、娘のように育てられた完全天日塩「田野屋塩二郎」についてまとめてみました!

 

入手するにはかなり困難な塩ですが、完全天日塩のまさに手塩にかけて育てられた日本一と言っても過言ではない塩です。

強いこだわりを貫いて作られた究極の塩ですが、一度味わいたいものですね。

 

お土産日本一を決める「おみやげグランプリ」でグランプリ獲得のシューラスクも気になりますね!

ネット通販でもお買い求めいただけますし、高知県にいかなくても羽田空港に売っています。

こちらも食べてみたい!

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です